スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてさて。

今日も今日とてクラナド三昧。

っつーわけでとりあえずアフター全部完了しやしたw

しかしどう考えてもバットエンドが本編な件w

トゥルーエンドの最後のほうの意味わからずw

ふぅむ・・・

今思い返してみてもまったく意味不ですね・・・・

さて、3年前のゲーム消化したわけでww

いや本当の事いうと、CGは全部集まってても、全ルートはクリアしてないw

有紀寧・春原芽衣(春原兄妹)・勝平・幸村俊夫

やってませんwww

まあセーブデータ消し忘れてたし~

いい加減面倒だからいいやwwみたいなw

まあ暇であればやるかもねw

春原兄弟はやっぱやるべきか!?

・・・いやただ春原が面白いから言っただけだけどw

思い返せばアフターは展開が読めてしまったために微妙だったなぁ~とw

映画のCM(クラナドを知らないとき)に朋也が、

「渚ぁぁぁぁぁ!!!」

と叫ぶシーンがございまして、そのとき

「ふん。どうせエロゲかなんかで子供ができちゃって子供を生むと同時にヒロインが死んでしまうようなストーリーなんだろ。・・・ありきたりな・・・」

と思っていた訳ですwまさかこんなに面白いとは露知らずw

しかしニアピンしているというねw

そんなこんなで長かったがおわったぁ~(終わったといっていいのかどうか・・・)

次はリトバスw

最新作だねw

ゆっくりやっていこ・・・

やっぱ最初はクドだろ><b

さてと・・・

寝よう・・・小説考えながら・・

先はかなり浮かんでるんだけんど1話の続きが浮かんどらんのですよw

気長に待ってくだしぁw

紫ぐらいの更新速度で行くからww

ノシ












コメント少なくなったなぁ~・・・

これも3ヶ月近く放置していたせいなのかorz
スポンサーサイト

ううっ・・・

今風子ルーと終わらせてきましたw

やべーです。

ここ最近で2回もなきましたよw

そうそうないことですよw俺が泣くなんてw

クラナドマジなけますw

今のところことみルート最凶ですww

っていうか俺が家族ネタに弱いだけかもしれないですけどw

現在の評価(泣ける順)は〜

ことみ>>>風子>>>越えられない壁>>>美佐枝>智代>>杏(椋)

越えられない壁は俺が泣いたか泣かないかですw

ちなみにことみルートボロクソ泣きましたけどねw

涙が一向に止まらんですよw

くまさん最強伝説w

あんなに泣いたの東京タワー以来ですw(ちなみに東京タワーも家族ネタですw)

その手のネタにはどうにも弱いようで(^^;

まあうちの家庭環境も少なからず影響してるんでしょうねw

さて、クラナドから離れようw

トリスタは80になったのでEP2やってきましたw

ジュバ様退治までww

screenshot0021.jpg


見てくれ画像はマリデザですが、バグってるだけで、きちんとみれますよ?w

怖いですw

激怖いですw

俺のHPが3500なのにもかかわらず普通に5500とかww

シャワー1発3しか食らいませんw

3×6=18

シャワーで18ダメ。

ヘルファイヤで78ダメw

あ、ありえんw

ライトニング使ってくるし、使われると動けなくなるしw

ライトニング→バーサーク→攻撃→ライトニング(以下無限ループ

これは耐えられませんよw

攻撃があんましあたらないのが唯一の救いかw

ホントはもっとSS撮っていた(ボタンを押していた)けどうまくできてなかったみたいで(^^;

あれだけですw

あ〜あ・・最近紫も真紅も来ない・・・

っていうかもうすぐセレ様が真紅を追い抜くぞw

さて・・・寝ようw

最近眠くて授業もまともに受けられんからなw

あっwコメント返しは続きw

ノシ
【“ううっ・・・”の続きを読む】

題名考え中。。。

第1話:すべての始まりは。

すべてはあの時。

私たちが生まれたときに始まった・・・・

ミーア村は平和な村だった。

竜人族という特殊な種族が暮らすこの平和な村

その村に2つの新しい命が誕生した。

一人はここではとても珍しい真っ黒な髪の男の子。

もう一人は緑色の髪をした女の子。

これから幸せに育ってゆくはずの2つの命。

でも、母親は2人を生んだ後、ゆっくりと、幸せそうに、そしてさびしそうに息を引き取った。

そして父親は数日後、後を追うように自ら命を絶った。

孤児となった2人を村長は引き取り育てることにした。

しかしすぐにそれも叶わなくなった。

黒髪の男の子。黒銀(くろがね)と名付けられた少年が暗黒龍の血を強く引いた・・そう。闇の子と呼ばれる特殊な子であったから。

村人から避けられ、何度も村から追い出されそうになった。

石を投げられ、突き飛ばされ、「村の疫病神」と呼ばれ・・

それでも少年・・黒銀はただうつむくだけだった。

妹の・・・緑色の髪をした少女、雅(みやび)はそれを見ていることしかできなかった。

それが悔しくて、そしてなぜか反撃に出なかったことに疑問を抱いた。

誰よりも魔術が得意で、剣術ができる兄が。

私が追い払おうと、兄を庇おうとした事も何度もあった。

でも村長に

「やめなさい・・・つらくても・・・仕方がないんじゃよ・・」

と止められた。

何故止められたのかが不思議で私は村長に向かって叫ぶように訴えた。

「なんで?何で止めるの?私の唯一の家族なんだよ?母親も父親もずっと居なくて、それでも兄さんは私に笑いかけてくれて、ないてるときは頭を撫でてくれた。そんな兄さんを何でいじめるの?優しい兄さんを・・・何もしてないのに何で兄さんをっ・・・」

自然と、涙がこぼれた。

「すまない・・わしの力が足りないばっかりに・・」

村長はぎゅっと私を抱く。

それからだんだんと兄さんの元気がなくなって、眼に光がなくなって・・・

それでも私は何もできないまま月日は過ぎていった・・・・

そして、あの日を迎えた・・・

運命の、あの日を。

***

ふわりと優しい風が頬を撫でる。

「ん〜・・・・・」

重たい瞼をゆっくりと開けた。

見えてきたのはほのかに明るい天井。

私はゆっくりと重たい頭を上げた。

柔らかな朝日が少しだけ照らす薄暗い私の部屋。

私はベットから下りて着替えを始める。

最近は風に起こされるのも珍しくはなくなった。

それはやはり“すべての風を統べるもの”の称号をもらってからだろう。

風を感じ、風を操るもの。

そんな称号をもらった。風に敏感になるのも当然だとおもう。

だから最近は風に起こされるようになってしまった。

私は着替えを終え、1階に下りる。

「おはようございます・・・」

と挨拶をしたもののリビングには誰もいなかった。

(いつもなら村長さんがいるはずなんだけど・・・)

すべての部屋を探してみたがやはりどこにもいなかった。

(どうしたんだろう・・・)

村の会議でもなかったはずだから・・・

「ん?」

ここで外が少し騒がしいことに気がついた。

(なにか・・あったのかな・・)

私は少し不安になりローブを羽織って、外へと飛び出た。

***

騒ぎは広場で起きていた。

私は必死に走り、広場に着いた。

そこは・・・・・まさに地獄絵図。

殺された人たちの赤、朱(あか)、赫(あか)・・・

「うっ!・・・」

口元を両手で押さえる。

吐きそうになるほどの光景が、そこに広がっていた。

この騒ぎはいったい・・・

そして私の目に飛び込んできた光景。

それはまさに私にとっての地獄。

人に囲まれた真ん中に立っているのは・・・・

(に、兄さんっ!!)

赫(あか)く血に染まった・・・兄さんだった。

まさか・・・これはみんな兄さんがやったの?

(嘘!嘘!!嘘だよ!!!)

必死に否定した。

けれど光景は変わらない。

手を真っ赤に染めた兄さんがただ、静かに立っているだけ。

気付けば兄さんに向かって走り出していた。

人を掻き分け、真ん中にいる兄さんの下へ。

走っている途中村長の声が聞こえた。

「危険じゃ!!いくでない!!」

・・・ごめんなさい。村長・・

私は村長の忠告を無視して走った。

そして兄さんの元に、着いた。

「ん?」

兄さんがこっちを向く。

その眼は辺りに滲んだ血の様に、真っ赤だった。

「兄さん・・・なんで・・こんなこと・・・」

俯き必死に絞り出した声。

こんなことしか思い浮かばなかった。

何でこんなことをしたのか聞きたかった。

「・・・復讐だ・・・・」

その言葉を聴いたとたん、ひざがガクッと折れた。

私はその場に座り込んでしまった。

「・・・これで俺たちを批判するやつがいなくなったんだ。苦しまないですむんだよ。これで平和に過ごせるようになったんだ・・雅・・・」

冷たい・・感情のこもっていないような声。そしてぐにゃりと兄さんの口元が歪む。

「こんなこと・・・こんなことして手に入れた幸せなんて・・・」

つつっと頬を涙が伝う。

兄さんはこんなにも苦しんでいたんだ。それなのに私は何もできずに・・・・

・・・悔しかった。

何にもできなかった自分が。

「何で泣くんだ?幸せになるんだ。これから・・・・」

兄さんの言葉が痛かった。

「それでな、雅。俺は考えたんだ。俺は・・・・この村から出ようと思うんだ。」

(えっ?)

私はばっと上を向いた。

「外界に出ればもっと幸せになれるとおもうんだ。」

「そ、そんな・・・・」

兄さんはそっと、私を抱いた。

そして耳元で、

「ごめん。俺はもう・・・・」

とつぶやいた。

「え・・・・」

そのときだけ元の兄さんに戻ったような声だった。

すっと体を離すと兄さんは村の出口へと歩いてゆく。

止めることも、追いかけることもできなかった。

霞む視界。

兄さんは本当に村から出て行ってしまった。

兄さんの姿が見えなくなってから、私はその場にうずくまって大声で泣いた。

私のなく声だけが村に響いた。

【“題名考え中。。。”の続きを読む】

ばっとんw

小説UPの前に回ってきたバトンを片付けようw

ではいてみようかw


1:回す人

結構出回ってるみたいやね~

いつもアンカー走ってるしたまには回そうw

ってことでれもたんGOw


2:お名前は?

銀のツバサですw

銀翼のクゥ♪とも読みます(ヨマナイ


3:おいくつですか?生年月日は?

15ですw

西暦1992年02月27日ですw


4:ご職業は?

高校生なんだってw



5:好きなことは?

トリックスターとアニメ。

小説を考えるのも好きですw

書くのは好きじゃないですw



6:好きな異性のタイプは?

おとなしい人がいいかな。



7:特技は?

ごめw特技も何もないw

受験の特色のとき先生に「特技とかないから受かるの無理♪」っていわれたほどw

受かってやりましたがw



8:資格は何か持っていますか?

特技もなきゃ資格もないw

現在危険物乙4類に挑戦中ですw


9:悩みはありますか?

悩み・・・・

勉強に集中できないw

気づいたらノートが絵で埋まってましたw



10:好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

好きな食べ物:寿司や魚介類全般

嫌いな食べ物:ミニトマト、セロリ、みょうがなど



11:好きな人はいますか?

いないw



12:貴方が愛する人に一言

愛する人もいないorz



13:回す方の自己紹介を簡単にお願いします

れもたん>獅子でいるときずっと男だとおもってたw
活発でとにかく元気w明るくていい人ですw



14:最近買ったもの

バイトに行くための軽い食事w

15:理想のデートコース

そういうことには疎くてw

海とかいいよねw



16:今の恋愛を一言で言うと?

今の恋愛も何もしてないw



17:今まで年上の人と付き合ったことある?

あるわけないw

っていうか付き合ったことさえないっすw



18:これだけは負けないってのありますか?

ない。



19:貴方は一人旅に出る決心をしました。まず何をする?

買い物。

いろんなものかっていかないとねw


20:あなたは本気で酔ったらどうなりますか?

飲んだことないっすw

ただ飲んだら怖そうと友人に言われた事がありますw


21:好きな芸能人は?

芸能界に興味なしw

手を伸ばしても届かんしねw



22:貴方を動物に例えるなら?

さあ・・・

これは自分で決めるべき項目でもないとおもうんだけどねw



23:最後の発信履歴は?

母親ですw

電話がはいってたんで返しただけですw



24:じゃぁ、最後の着信履歴は?

友人w


25:じゃぁ、最後にメールをやり取りした相手は?

紫にメールしたけど帰ってこなかったから、友人w



26:じゃぁ、アドレスの27番目は?

名前順に並んでるw

ちなみにエルザ君でしたw



27:?????

ん?



28:携帯の送信済みの一番古いメールの相手は誰?また内容は?

陽一君でしたw

内容は「当たり前だろw」

はて・・なにを話してたんだろw



29:またまた、アドレス帳の29番目は?

親戚ですw


30:自分のチャームポイントは?

自分じゃわからんw


31:何フェチ?      

フェチ・・・

しらねw


32:最後にバトンを回してきた人はどんな人?

部活の副部長だった人w

天才で面倒見がよくていろいろ助けてもらったねぇ~

中学に入って2番目にできた友人w


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんなものだろうかw

小説は・・まだ時間かかりそうw

明日には更新されてるとおもいますw

ノシ

うはぁw

にゃんだらけ~

どうもwツバサですw

紫の小説見て無性に小説が書きたくなりましたw

何でだろうねw

面白い小説か見ると創作意欲が湧いて来るんですよねw

湧くだけで放置の場合がほとんどですけどw

ここに溜まっていた小説(パクリだらけの)はすべて下書きにしましたw

これでもう管理人以外読めませんからw

で~、前々からずーっと頭の片端に溜まっていたねたがあるんですよw

それをゆっくりゆっくり進めていこうかなぁ~とw

多分更新されているのは最初だけの可能性大ですから勘弁w

とりあえず、プロローグがかけたので続きにてw

さてこの2日間、トリスタを放置してクラナドやってましたw

っていうか智代ルートに嵌っておりましたw

いやぁw

面白すぎでしょw

急に智代アフターがやってみたくなったりしてますがw

コンボもよかったけどねw

智代→朋也→智代→杏(椋)→智代→美佐枝→智代

あれは爆笑したねw

さ~て・・・どうしようw

トリスタいってもいいけど人がw

雑談主体の俺に人が居ないのは相当つらいことなのですよ><

小説でも書き綴ってようかな~

コメントしにくいだろうな今日の^^;

ま、いいや

ノシ

~~数時間後~~~

と、いうわけで書いてしまったよw

そして読んでおもったよw

何だこの鬱小説は!!とw

自分で言うのもなんですが鬱小説ですw

ま、見たければ続きでどぞ~w

あ、ちなみにまだ続きですから、1話完成したらとりあえず上げますw

評価に関係なく・・・ね^^;
【“うはぁw”の続きを読む】

ははっ・・

タイトルに意味ありませぬw

どうもwツバサですw

この名前で名乗るのは初めてかなw

さて、学校から帰ってきて更新してたんですが記事消えたんで今頃になりましてw

さて、前回の駄文についてですがw

あれはただてきとーに書いただけなんで続きがありませんw

しかも考えるのが面倒になって途中放棄w

ま、続きも考えておきます・・・とりあえずw

話し変わって、

先週の金曜日にPCが復帰しましたw

そして偶然にも金曜日はギルイベw

楽しんできましたよ~w

まあ最後の集合写真以外画像ないですけどw

1度書いていたけど消えたんで簡潔にまとめようw

まず、最初は迷路w

しかも1番手w

相手は~・・・セレ様!?

∑(゜Д゜;)

無理でしょw勝つのw

天才対凡人・・以下w

もちろん負けましたよw

しかも5分以内にゴールできないというねw

なんてこったいw

でもでも、仲間がいてよかった~ レモターン(´;ω;)ノ

一緒に迷ってゴスブルに飛ばされてプレデターにいぢめられよう・・orz

ま、気を取り直して2回戦w

間違い探しw

これはみんなででした~w

結局解けず、マスタとがんばっていましたw

マスタは全部答えが違うという快挙w

流石・・・流石だよw

俺はクッションの名前がわからず・・orz

pcの前でクッションもって悩んでたよ・・・

「あっれ~これの名前なんだっけ・・・」

ってorz

どうにもこうにもなんでツバサにキャラ変えw

そして2回戦w

ツバサだとできるというね・・・

こ、これがレベルと愛着の違いなのか!(違

で、そのまま3回戦w

これも意外とすらすらいけたねw

マスターは3回ともできなかったみたい^^;

なんか4回までやった記憶がw

まあいいやw

結構盛り上がりましたよw

そして最後の集合写真w

例によってキャラ名は隠してありますw

screenshot0000.jpg


普通の記念に1枚w

screenshot0012.jpg


だんだんとふざけていきますw

screenshot0016.jpg


ここで乱入者登場w

もう文章ぐちゃぐちゃw

screenshot0020.jpg


K姉さんをたたえる場面でもおふざけw

ほんとに面白いギルドだことw

さらに話し変わってw

pcが直ったっちゅーことで早速クラナド落としてプレイw

落とすのに2時間半くらいかかったような・・・

そして後になって気がついたこと、

セーブデータの消し忘れw

自分の分残して消しましたが、アフターとCGのこってるよorz

まあ気にせずに、杏と椋を終わらせましたw

ちなみに杏ルートはなける!らしいですが、

まったく感動しませんでした・・orz

ちょw感情欠如ですか?えぇ?w

ちなみに2回目はぐっと来ましたw

1回目なんて半笑いした状態で終わったからな~w

さて・・・渚ルートを途中までやっていたこともあってめんどくさくなってきたよ・・

やらないわけじゃないけどね~

さてっとw

トリスタ逝こう・・・

ノシ

何だろうね・・この駄文・・orz

退屈な授業時間。

退屈な日々。

それを促すようにどんよりと空を覆う灰色な雲。

ただただしゃべり続ける教師の声、教師の話も聞かずただただ駄弁っている生徒たち。

そのすべてが俺を憂鬱にした。

何をしているわけでもない。

ただただ同じような日々を繰り返しているだけ。

何も変わらな日々。

「はぁ・・・」

ため息をついた。

この憂鬱を少しでも吐き出そうとするかのように。

すると、そのため息が聞こえていたのだろう。

教師がこちらを向き、

「はぁ・・・じゃない。外ばっか見てるんじゃなく黒板を見なさい。」

と注意してきた。

うざってぇ・・・・

教師の説教はさらに俺を憂鬱にする。

所詮教師たちがしゃべることなど社会に出ればまったく無意味な過去の産物と化す。

そんなものを聞いて俺たちに何の意味がある?

このとき青年はこの日々に、すべてに絶望していた。

青年の名前は藤城優輝(フジシロユウキ)。

少しレベルの高い新学校に通う高校2年生。

容姿はいいほうだが、その冷めた態度のせいで友達は多くない。

しかし優輝はそれを気にするどころか逆に「助かる」と思っている。

友達なんてうるさいだけだからだ。

付きまとって駄弁られるのもうざい。

よっぽど一人でいたほうが気がらくだ。

気をつかう必要もないし、無理に話さないで済む。

ホント一人でいるっていいな・・・

なんて思っているといつもと同じようにチャイムが鳴る。

やっと帰れる・・・

俺はそう思った。

退屈な授業はたった今終わったのだ。

俺はさっさと帰る準備を済ませ、教室を出る。

そして俺は皆が向かう方向とは逆に向かった。

階段を上り、扉を開ける。

そこは学校の屋上。

台風が接近してるためか風も強い。

土砂降りの雨。

下校時間。ここには誰もいなくなる。

俺は下校する生徒の集団から逃げるため毎日ここに来る。

雨の日も、晴れの日も。

下とは違い、静かで落ち着くからだ。

しかし、今日は違った。

雨が降り続くなか、傘も差さずに一人の少女が立っていた。

びしょ濡れになりながら、空を見上げていた。

少女はこちらに気づいたのだろう。

こっちを首だけ曲げて見る。

そしてポツリと

「何の用?」

と一言。

「さぁな。多分、お前と同じだ。」

俺は冷たく言い放った。

少女は

「そう・・・」

とだけ言い放ちまた空を見る。

俺は雨風を防げる場所に座り、空を見上げた。

ただただ灰色な空。

でもなんだかその灰色に吸い込まれそうになった。

ゆっくりと灰色に染まる心。

「私と同じ・・・・」

しかし少女の一言で現実に戻される。

「私と同じなのね・・・何にも変わらない、つまらない日々に絶望した私と・・・」

少女の目はまるで死人のようだった。

光もない少女の目。

あれと同じ?そんなはずがない。

俺はほくそ笑んだ。

オマエトオナジニスルナ。

冷たい心が、ゆっくりと怒りに、そして笑いに染まってゆく・・・

しかしそれも一瞬で吹き飛んだ。

少女が紡ぐ言葉によって。

「・・・何も変わらない世界。こんなくだらない世界は捨てて光になろう。だからこの世界から消えよう。くだらないこの世界から。私が消えようと何も変わらない。同じ日々がまた続くだけ・・・」

すべてに共感できた。

同じことを思っていた。

そんな自分がなんとなくいやだった。

「この世界のくだらない螺旋のなかから抜け出せるのなら、光になることができるのなら、命なんて惜しくない。さあ・・・行こう・・・このつまらない世界から抜け出すために・・・」

そういい残し少女は飛んだ。

この世界から抜け出すために。

何も変わることのない、螺旋の中から抜け出すために。

翼のない、その体で。

・・・・・即死だった。

雨ににじんだ少女の紅。

悲しむものは・・・いなかった。

両親はすでにこの世を去っていて、祖母も祖父もいない。

少女は、一人だった。

俺はいろんなところに連れて行かれた。

少女が飛んだ、その場にいたから。

だからなんだっていうんだ・・・俺は何も知らない。

少女がなぜ飛んだのかも。

ただ、少女が残した、その言葉だけが心に響く。

苦しかった。

なぜかはわからなかった。

ただ、苦しかった。死んでしまいたいほどに。

・・・ふと気づけば、屋上にいた。

台風が去ったあとの真っ青な空の下に、俺はいた。

俺はフェンスから下を覗く・・・・・



あ~あ・・・やっちゃったよw

自分でなんで書いたかわかりませぬ><

暇だったから・・・かなw

途中でやめたけどねw

こんなの見ても楽しくないよね^^;

しっかし久々に書いたなぁ~・・・

懐かしいw

まあ気がおかしかったってことで勘弁してw

特に報告もないからこれでw

ノシ

さぁ~て・・・

(銀・w)ノ<どうも~銀のツバサです~ )

(金・w)ノ<金のツバサだってさ・・・)

某ブログ風にはじめてみましたw

どうでしょうw


(金゜Д)<風にも何もただのパクリだろ・・・・)


(銀・w)<パクリは時にいい物をを生んだりするものだよw金w)


それにしても明日、明後日台風直撃やねw

紫のところはk葉線が止まったら休校見たいやけど、うちはs武線、k葉線が止まらんと休校にはならんのよ・・・


(金;゜Д)<k葉線ってもはや隠れてないな・・・)


(銀;・w)<ま、まあプロフで大体の所在地わかってるんだから隠すこともないんだけどね )


ってことで始まりました新学期!

期待と不安が入り混じる・・・わけないよな・・・orz

ただただ・・・・眠い・・・

しかし早く寝た一昨日に比べ、3時に寝た今日のほうが眠くなかったのはなぜだろう・・・


(金゜Д)<それ完全に生活習慣が狂ってるってこった。


(銀;・w)<ぐぅ・・・わかってはいたもののズバッと言われると危機感が・・・


(金゜Д)<しかし昨日はなぜあんな時間に寝た?トリスタもないんだ早く寝れるはずだろう?


(銀・w)<PCの録画機能は使えんわ、ニコニコは見れないわで当日に見なきゃいけないからだよw


(金゜Д)<携帯でニコニコが見れたはずだが?


(銀;・w)<画質と、動きの悪さ、音質があまりに悪くて何を見てるかさっぱりだったから・・・


会話基本になりつつありますなw

まあそういうわけでなのはの時間までの暇つぶしに借りたクラナドをれっつぷれいw

~~~~~1時間後~~~~~~

ちょw陽平キャラよすぎw

秋生さんもいいねw

主人公もいいw

こ、これは確かに面白いかもw

ってことでセーブはできないもののとりあえず少しはやってみましたw

22までだったかな?w

智代さんもキャラ良いし、何よりことみの声が・・・・

能登麻美子!!w(漢字あってるかわからんw)

うはぁw

まさかこの人が出ているとはw

この人の声好きなんですよね~w透明感があってw

声優さんあんましらんのやけどねw

この人の声は特徴的だからすぐにわかるw

っとw

かなり深い話になってしまたw

そうそうw

親父がやっとこのエラーがとてつもなく不便なことに気づいたらしく、直すらしいので、多分今週中にPC復帰&トリスタ復帰できると思いますw

クラナドもセーブができるw

ただ、すべて俺のせいにされているんで、トリスタできんかもしれん・・orz

なんかやるなとかいわれそうw

そしたら、時間作ってネカフェいって借りてる装備類返しますんでw

多分戻れると思いますけどw

さて・・もう良いやw

ノシ

だめだこりゃw

だめだねw

どうやら親父ももう直す気がないらしく、当分インできません・・・orz

しかーしw

ここであきらめてたまるかぁ~!!

ってことで、myPCを買おうかな~と思ってますw

もともと欲しかったしちょうど良いかなっとw

ま、買って、設定して、終わったころにはギルイベ終わっちゃってるよね・・・orz

最悪~

7日だけネカフェに篭ろうかしらw

ニコニコはできんし、トリスタはできないし・・・

暇がつぶせないということです><

ってことで寝まくってたら頭痛いし・・・

借りてる装備・・・当分返せないよね・・・orz

どうしよ・・

がんばって1日でも早く復帰します!

ノシ

ぐはぁ・・・・

エラーばっか発生してトリスタにイン出来ません・・><

なんてこったいw

あはは~・・・・

忍sと同じ運命をたどることに・・・

あ~インしてレベル上げてぇ・・・・

早く四角盾つけたいのに><

はぁ・・・このポンコツめ!!

電源落としても何もないし・・・・

トリスタ以外の基本的な機能は使えるみたいだけどw

あはは・・・

ホント忍sと同じだわw

ブログはぶっ壊してないけどねw

気分乗らないから報告だけ~

明日学校、トリスタインできないの板バサミ~

もう死ねばいいのに!

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。